ともさんのノマドな生活 > >柿の剪定方法の解説 >柿の剪定道具

柿の剪定道具

今年も本格的に柿の木の剪定を始めました。
まずは次郎柿の大木から。

広告

次郎柿 次郎柿

剪定 楽天 中の写真。
この木だけで9時間かかりました。


柿の剪定に必要な道具と使い方

柿の剪定道具


柿の剪定には上の道具を持って出かけます。
右下から順に
癒合剤
皮むき
剪定ノコギリ
剪定鋏大
剪定鋏小


癒合剤は太い枝を切ったときに切り口に塗るものです。塗ると木が切り口から 腐ってしまうことを防げます。抗菌剤の入った木工ボンドのようなもの?


皮むきは樹皮を削るもの。放置すると樹皮が厚くなってそこに害虫や病原菌 棲むので削りとってしまいます。農薬を使うよりも効果的と聞いています。
皮むき器

本物の皮むきは写真下のものですが、私は上の草削りを皮むきとして使っています。 我が家の柿は大きいのでこのくらい大きいほうが効率的なのです。


剪定 ノコギリ 楽天 は木工用と違い、歯が大きく、全体が小さく出来ています。生木は 歯が大きいほうが切りやすいです。 使い捨ての替え刃式ですが、目立てをして使っています。硬いので目立てはやり づらいです。目立てのできるノコギリは軟鉄で出来ているのが普通です。 目立てして使う剪定のノコギリがあれば買い換えたいのですが、見つからないので このノコギリを使用中。こまめに手入れして気持ちよく切れるようにしています。
剪定鋏は今年から2つ持って作業することにしました。
小は軽く少ない指の動きできることが出来ますが、太い枝を切るには大きな力が 要ります。
大は太い枝でもあまり力を入れずに切れますが、代わりに指のストロークが大きい 上重いので疲れます。
結局、細い枝には小さい鋏、太い枝には大きな鋏を使い分けることにしました。


広告

ちなみに剪定鋏と収穫鋏は違います。収穫用は、
収穫鋏 こんな感じに横から見ると曲がっています。ヘタを切るときに実を傷つけないため です。剪定鋏で切ると実を傷つけるか、ヘタが斜めに切れます。斜めに切れたヘタは 他の実を傷つけてしまいます。


剪定道具の手入れ方法

使用後、刃物類は油を塗ってからしまっています。道具を大切にすることは良い 仕事をするための基本ですね。

最終更新日: 2011-05-24 05:02:28

ともさんのノマドな生活 > >柿の剪定方法の解説 >柿の剪定道具

このエントリーをはてなブックマークに追加
次はこのページをお読みください

柿の枝の剪定方法
長年放置された柿を元に戻す方法
柿の木、剪定前後の比較写真
今年も柿の剪定を始めました
柿の樹皮を剥く作業
初心者の柿の剪定
柿の木を大切にしないと

広告
新着ページ

フリーソフトのモチベーション維持  
鏡岩の伝説  
油を舐める女  
涼感インナーの比較評価  
露無山の由来  
蛇の祟り(長野県東御市)  
動く地蔵  
新潟の七不思議  
川を登る石  
諸国奇譚集  
八幡の藪知らず  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
里庄町の雑草
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

(更新情報をツイートします)

 RSS 
 Yahoo!ブックマーク 
MyYahoo!に追加

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます