ともさんのノマドな生活 >田舎生活 >炭焼き >炭焼き窯作りました

炭焼き窯作りました

ドラム缶を利用して作った炭焼き窯を紹介します。
2回焼いただけで最近は使っていません。友達の友達の人が作った炭焼き窯を参考にして作りました。


ドラム缶炭焼き釜の構造

下の図のような感じです。
本体はドラム缶で、上部に四角い穴をあけておき、木材の出し入れができるようになっています。
焚口は一斗缶を半分に切ったもの。煙突は土管を利用します。全体を土に埋めて使用します。
ドラム缶を使った炭焼き窯


土への埋め方ですが、私は窯の周りに単管を打ち込んで波板で囲み、その中に土を入れることにしました。

広告

茶色く書いたものが 単管 楽天 と波板です。中に土を詰めます。
ドラム缶を使った炭焼き窯設置


内部構造図

内部の構造を図にすると、こんな感じ。
焚口は土に埋めずにおきます。煙はN型を描いて流れてゆきます。
ドラム缶を使った炭焼き窯の構造


ドラム缶炭焼き釜の図面

図面にするとこんな感じになります。土管の入手は難しいかもしれませんが、ドラム缶と一斗缶がは簡単に入手できるでしょう。
ドラム缶を使った炭焼き窯の図面


作り方の手順写真

それでは作ってゆきましょう。まずはドラム缶のカット。
マジックで線を引き、ドラム缶内に水を充填してからグラインダーでカットします。
万一、ドラム缶の中に可燃性の物質が入っているとグラインダーの火花で 発火して危険です。なので、必ず水を充填しましょう。
大きな穴は炭を出し入れするためのフタ、小さな四角い穴は火道、注入口の近くに開けた穴はドレン口 になります。
ドラム缶のカット 切ったドラム缶 焚き口のカット ドレンのカット


つづいて1斗缶とグレーチングを切断。
一斗缶を切る グレーチングを切る


炭焼き窯の設置をします。炭焼き小屋を建て、その中に置きます。
まずは単管を窯の周囲に立てて打ち込み、波板で覆います。
ブロックを使って焚き口も作っておきます。
窯の設置1 窯の設置2 窯の設置3


波板とドラム缶の間に土を充填し、炭にしたい木を詰め込みます。
フタ(波板)をかぶせ、その上土をかぶせて密封したらたら、これで準備完了です。

広告

炭焼きの準備 炭焼き


炭焼き中の私。一日火を焚いていたら、自分自身が燻製になったような気分になりました。
炭焼き中

最終更新日: 2013-03-05 06:18:51

ともさんのノマドな生活 >田舎生活 >炭焼き >炭焼き窯作りました

このエントリーをはてなブックマークに追加
次はこのページをお読みください

初めての炭焼き
炭焼き小屋に棚を作る
炭焼き窯の撤去

広告
新着ページ

A5サイズの情報カード  
複雑な参照型オブジェクトのディープコピー  
ケープの作りかたと型紙  
布団の切りかた  
フリーソフトのモチベーション維持  
ダニ対策寝具の機能分類  
栗拾いのための手袋  
涼感インナーの比較評価  
ダンゴムシの飼い方  
図形を拡大縮小/平行移動表示  
マウスカーソルをイメージに差し替え  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
里庄町の雑草
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

(更新情報をツイートします)

 RSS 
 Yahoo!ブックマーク 
MyYahoo!に追加

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます